F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファタウリ・ホンダF1のガスリー「小さな問題がプランに影響。残り2日を効率的に活用したい」

2020年2月27日

 アルファタウリ・ホンダは、2020年F1プレシーズンテスト2回目初日、午前にピエール・ガスリー、午後にダニール・クビアトを起用してAT01のテストを行った。


 ガスリーがコースに出た最初のランで、チームはデータに問題を見つけ、調査したところ、パイプの緩みがあったということだ。修復に2、3時間を要し、ガスリーは25周しか走ることができなかった。クビアトによる午後の走行はスムーズに進行し、クビアトは最後にC3タイヤでパフォーマンスランを行った。


 4番手タイムをマークしたクビアトだが、セッション残り5分のところでコース脇でストップ、そのままその日の走行を終えた。


 クビアトの自己ベストタイムは1分17秒456(C3タイヤ)、ガスリーのタイムは1分17秒540(C4タイヤ)で5番手に続いた。


「午前中に小さな問題が発生したことが、今日のセッションに影響した」とガスリーは一日を振り返った。


「もっと周回を重ねる予定だったのに、十分に走行できなかったから、理想的な一日だったとは言えないが、時にはこういうこともある。それに、復帰した後の1時間で最大限の挽回はできたと思う」


「セッション終盤はとても忙しかった。短い時間のなかで、セットアップの方向性を探るための作業に取り組んだんだ。興味深いことがあったから、ダニールが午後にそれに関する作業を引き継いでくれた」


「走行時間を最大限に活用し、マシンへの理解をさらに深めることを目指していく。向上の余地はまだまだあると思うが、与えられた走行時間は皆同じだから、できる限り効率的に作業を進めていく必要がある」


 クビアトは、順調に新車への理解を深めつつあるという。

2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

「半日だったけど、生産的な時間を過ごした。ニューマシンのテストでは、常に興味深いことが見つかるものだけど、走行するたびに理解を深めていった」


「フリープラクティスでは試す時間がないから、いくつかセットアップ変更の作業にも取り組み、マシンがどう反応するのかを確認した」


「まだ純粋なパフォーマンスを追求するような作業はしておらず、バランスの微調整をし、その変更がコーナーごとにどういう挙動につながるかを確認しようとしている。今まで集めたデータに満足しているよ」


「今日はできる限りたくさんの項目を終える必要があった。今年はテスト日数がかなり制限されていて、僕がマシンに乗る機会は、あと1日しかないからね」



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP