F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【ホンダ密着】ドライバーからの不満は出ずも、田辺TD「ドキドキ感は3年目も変わらない」/第1回F1バルセロナテスト初日

2020年2月20日

 ホンダF1の2020年が始まった。バルセロナでのウィンターテストには、HRD Sakuraで開発の陣頭指揮を執った浅木泰昭センター長、山本雅史マネージングディレクターも日本から駆けつけ、初日から詰めている。


 セッションが始まった午前9時。現場の要である田辺豊治テクニカルディレクター(TD)は、レッドブルガレージ内のいつもの位置に付いた。今年のテストでは隣のガレージをアルファタウリが占め、頻繁に両チームを行き来する田辺TDには理想的な配置となった。


 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がほどなくコースインした一方で、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)は出る気配がない。田辺TDはすぐに、アルファタウリのガレージに向かった。


 FIAがテストも管轄するようになって、これまでガレージを隠していた仕切り板が禁止された。丸見えのガレージをのぞくと、アルファタウリの新車『AT01』はまだ整備台に乗ったままだった。田辺TDによれば「パワーユニット(PU)側の問題」だったのとこと。具体的な内容までは明かしてくれなかったものの、「信頼性にかかわるようなものでは、まったくない」と言っていた。


 実際、約20分後には走り出し、そこからは順調に周回を重ねて行った。午後6時までに115周をこなし、15台中5番手タイム。一方のフェルスタッペンは最多の168周を走破し、4番手で初日を終えた。


「オフの間に信頼性を含めてクルマを理解するには、まずは走らないとどうしようもない。その意味では今日は、いいスタートが切れたと思っています」と田辺TD。セッション後、立て続けのミーティングを2時間以上もこなしてから取材に応じてくれた田辺TDの言葉からは、少しばかり安堵の雰囲気も感じられた。

ホンダF1 田辺豊治テクニカルディレクター
レッドブルのガレージでテストを見守る田辺TD

■何が起こる変わらないバルセロナテスト「ドキドキの場所は毎年違う」

 とはいえホンダF1の現場指揮を執るようになって、早くも今年で3年目になる。新車が初めてコースを走るウィンターテストは、何が起きるか分からないドキドキ感が付きものだ。


 しかしこの2年間でホンダF1は着々と戦闘力を増し、昨年はレッドブルで初優勝に続く3度の勝利、そしてトロロッソとは2度の表彰台を分かち合った。劇的に向上したのはパフォーマンスだけでなく、かつてのような壊れまくった面影はもはやまったくなくなった。


 その意味では今回のテストは、最も緊張しないテストなのではないか。しかし田辺TDは、「ドキドキ感は、今年も変わりませんよ」と言う。


「ドキドキの場所は、毎年違います。初年度はまったく様子がわからなくて、その後はパワーユニットにもいろんな改良を加えてある程度のレベルまで来ました。でもその後もいろんな新しいものを持ち込んでますし、その結果新たな課題も出ている。理想は左うちわで座っていることですが、そうもいかない。一生無理でしょう」


 まだ初日が終わったばかりで、性能の最適化など詰めて行くべき点はたくさんある。それでもふたりのドライバーからは、「特に大きな不平はもらってない」とのことだった。こういう時の田辺TDの物言いはいつも以上に慎重なものだが、「大きな不平はない」は「かなりの高評価」と翻訳してもいいのではないか。

2019年F1第1回バルセロナテスト マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第1回バルセロナテスト1日目:ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)



(Kunio Shibata)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号