F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レーシングポイントF1が2020年を戦う新マシン『RP20』をアンベイル。BWTとのタイトルスポンサー契約も発表

2020年2月17日

 レーシングポイントF1チームは、2月17日(月)にオーストリアのモンゼーで体制発表会を行い、2020年型新マシン『RP20』を発表した。


 2019年はカナダ国際オートショーで体制発表会を行ったレーシングポイントだが、今年はスポンサーである水処理システムメーカー『BWT』の本社があるモンゼーにて発表会を行った。


 当日、レーシングポイントは、2020年に向けて『BWT』とタイトルスポンサー契約を結び、チーム名称が『BWTレーシングポイント・フォーミュラワン・チーム』となることを発表した。チームは昨年はスポーツブックメーカーであるスポーツペサをタイトルスポンサーとしていたが、1年でその契約を終えたことになる。


 レーシングポイントは、前身のフォースインディアをローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムが買収し、2018年シーズンのサマーブレイク明けから『レーシングポイント・フォースインディアF1チーム』に、2019年から正式に『レーシングポイント』の名前で承認されたチームだ。


 2018年は活動資金が不足したまま2019年型マシン『RP19』の開発を始める時期を迎えてしまった。これによりRP19の開発に十分には注力できず、RP19は2018年型マシンのパーツを複数使用したマシンとなった。


 セルジオ・ペレスと新たに加入したランス・ストロールのふたりを起用した2019年は、最高位はストロールが第11戦ドイツGPで記録した4位で、コンストラクターズランキングは7位。2020年も引き続きペレスとストロールのコンビで、厳しい中団争いを戦っていくことになる。


 なお、ローレンス・ストロールがアストンマーティンを買収して株式を取得したため、レーシングポイントのチーム名は2021年より『アストンマーティン』に変更される。

レーシングポイントF1、2020年の新型マシン『RP20』
レーシングポイントF1、2020年の新型マシン『RP20』



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP