F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリCEO、タイトル奪取と2021年の規則変更に備える「追加のリソースと支出が必要」

2020年2月6日

 フェラーリのCEOを務めるルイ・カミッレーリは、これからのシーズンがフェラーリF1チームにとって重要になることが証明されるだろうと述べている。今年は2020年のプログラムに加えて、2021年に行われる技術規則の大幅な変更に備えるために、リソースを強化するからだ。


 2008年以来、またドライバーズ選手権に関しては2007年以来となるタイトル獲得を実現するためにフェラーリは力を尽くしたが、2019年シーズンはふたたび苦戦することになった。チームはメルセデスとルイス・ハミルトンの覇権に屈してしまったのだ。


 それでもフェラーリは今年、メルセデスからタイトルを奪うつもりでいる。だが、チームの取り組みは完全に新しいものになる2021年型マシンの重要な開発作業と並行して行われる。


 フェラーリは2019年第4四半期の結果を発表し、カミッレーリは今週火曜日にウォール街のアナリストたちとの電話会議において「我々は決して諦めない」と語った。


「我々の野望は勝つことである。したがって私は2020年およびそれ以降のF1に関して、ペダルから足を離すことはないと考えている」


「今年はF1に関しては非常に重要な年であることが証明されるだろう」


「我々の野望はいつものように、勝利を追求することだ。そのため、インフラやリソース、技術的創造力に対して投資を続ける。シーズンが展開するにしたがって、2020年型マシンの開発も継続するからだ」


 2021年には1億7500万ドル(約192億3000万円)の予算制限が導入されることから、F1のトップチームはコスト削減策が施行される前に、大規模な投資をしておくことを余儀なくされるだろう。


 カミッレーリは、フェラーリが多額の投資を進める予定であることを認めた。


「F1については我々が言及したように、倍増することになるだろう。なぜなら追加の1台を開発するのではなく、完全に新しい(2021年の)マシンの開発を行わなければならないからだ」


「2021年に施行される新たな技術レギュレーションは、必然的に大幅に異なるマシンの開発を伴う。つまり今年は明らかに追加のリソースと支出がすでに必要とされているのだ」


 フェラーリは2月11日に、マラネロに先行して、レッジョ・エミリアのロモロ・ヴァッリ・ムニキパーレ劇場で2020年型マシンを発表する予定だ。

2019年F1第11戦ドイツGP ルイ・カミッレーリ(フェラーリCEO)
2019年F1第11戦ドイツGPを訪れたフェラーリCEOのルイ・カミッレーリ



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報