F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トト・ウォルフ代表、ストロールの父と協力してメルセデスF1チーム買収を計画と噂

2020年1月22日

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフと、レーシングポイントからF1に参戦するランス・ストロールの父であり、前身のフォースインディアを買収した起業家集団を率いるローレンス・ストロールが協力して、メルセデスF1チームを買収しようとしているという噂が流れている。


 元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、メルセデスがチームとしての活動をやめ、パワーユニット(PU)を提供するマニュファクチャラーとしての活動のみを行うことになるかもしれないと考えている。


 メルセデスはワークスチームに加えて、現在レーシングポイントとウイリアムズにもパワーユニットを供給しており、2021年からは新たにマクラーレンにも供給することになる。


 アストンマーティンを買収することに関心を持っているローレンスは、レーシングポイントの名前をアストンマーティンへ変更しようとしていると考えられていた。しかし現在では、ローレンスとウォルフがメルセデスのワークスチームを買収し、そのチームの名前をアストンマーティンにしようとしているという噂だ。

2019年F1第13戦ベルギーGP バルテリ・ボッタスとトト・ウォルフ代表(メルセデス)
バルテリ・ボッタスとトト・ウォルフ代表(メルセデス)


 6年連続でドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスが、なぜF1に参戦し続けるのかと疑問に思う人もいるだろうが、メルセデスが得ている広告利益とブランドの露出には、数百万ドルの価値がある。


 しかし、ウォルフは本当にF1チームを買収することに関心を持つだろうか? 彼はすでにメルセデスのワークスチームの株を保有しており、人生のある段階でF1に関係のない何かをすることに関心を持っていると話していた。1月12日に48歳になったウォルフには、他のプロジェクトに取り組むための十分な時間が残されている。


 一方ローレンスにとっては、F1におけるベストのチームを保有するというのは、息子のランスを非常に競争力のあるマシンにのせるチャンスになるだろう。


 ちなみに、メルセデスを含む全10チームのうち、どのチームもまだ新しいコンコルド協定にサインをしていない。コンコルド協定は、財政面や、F1とビジネスをどのように経営してくのかを規定するものだ。


 現行のコンコルド協定は2020年末で満了となり、2021年以降は新しい協定が有効になる。財政面に関しては、全チームのなかでフェラーリのみがF1のオーナーであるリバティ・メディアと合意に至ったと考えられている。

2019年F1第20戦ブラジルGP ローレンス・ストロール(レーシングポイント 共同オーナー)
ランス・ストロールの父であり、レーシングポイントの共同オーナーでもあるローレンス・ストロール



(grandprix.com)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP