F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズの新人ニコラス・ラティフィ、元F1王者ロズベルグのカーナンバーを選択

2020年1月21日

 ロキット・ウイリアムズ・レーシングのルーキーであるニコラス・ラティフィは、2016年F1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグが以前使用していたカーナンバー6を付け、F1での1年目のシーズンに臨む。


 2014年からグランプリドライバーは、F1でのキャリアの全期間を通じた、個人のレースナンバーを選ぶことになった。


 しかし、ドライバーが引退すると、彼らのカーナンバーは2年間凍結され、その後は他の参戦者に割り当てられる。


 もちろんドライバーは、様々な個人的な理由からナンバーを選ぶ。ルイス・ハミルトンのトレードマークである44番は、若き頃のカート時代に遡るものであり、メルセデスのチームメイトであるバルテリ・ボッタスは、彼の名前を視覚的に“BO77AS”に見える、77番を選んだ。


 ウイリアムズがツイッターに投稿した動画のなかで、ラティフィは6番を選んだ理由を話している。


「今後のF1シーズンに向けて、ぼくがどの番号を選ぶのかと、みんな考えていると思う」とカナダ出身で24歳のラティフィは語った。


「僕は6番を選ぶことにした。この番号を選んだ理由は、僕がトロント出身だからだ。トロントは“The Six”として知られている。トロント出身なら、電話番号のエリアコードは基本的に416または617だ」


「ちょっとばかげているけれど、行き詰まってしまったので、それを選ぶことにしたよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報