F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2019年F1チャンピオンのハミルトンとメルセデス、2020年のローレウス賞にノミネート

2020年1月17日

 ルイス・ハミルトンとメルセデスAMG F1チームは、名誉あるローレウス世界スポーツ賞に再びノミネートされた。


 ローレウス世界スポーツ賞は1999年に設立され、毎年、世界のスポーツにおける個人やチームの傑出した業績を称えるもの。2020年の授賞式は2月17日にベルリンで開催される。


 ハミルトンは6度のF1世界チャンピオン獲得を評価され、スポーツマン・オブ・ザ・イヤー賞にノミネートされた。ハミルトンは過去、同賞に6回ノミネートされているものの、これまで賞を勝ち取ったことはない。


 ハミルトンは、国際的なスポーツの舞台における正真正銘の“実力者”らと名を連ねている。ともにノミネートされているのはエリウド・キプチョゲ(陸上競技)、リオネル・メッシ(サッカー)、ラファエル・ナダル(テニス)、タイガー・ウッズ(ゴルフ)、マルク・マルケス(MotoGP)らだ。


 ローレウス賞の創設以来、個人のカテゴリーで賞を受賞したF1ドライバーは2名のみ。2002年と2004年にミハエル・シューマッハーが、そして2014年にはセバスチャン・ベッテルが受賞している。


 2020年にノミネートされているメルセデスは、2018年に”チーム・オブ・ザ・イヤー”を受賞しており、同賞を2006年にはルノーが、2010年にはブラウンGPが受賞した。


 メルセデスは、リバプールFC(サッカー)、ラグビー南アフリカ共和国代表チーム、スペイン代表男子バスケットボールチーム、アメリカ代表女子サッカーチーム、そしてカナダのバスケットボールチームであるトロント・ラプターズらと賞を争うことになる。


 モータースポーツ界からは、さらにドイツ人ドライバーのソフィア・フローシュが、2018年マカオGPでの壮絶なクラッシュから復活を遂げたことを受けて“カムバック・オブ・ザ・イヤー”賞にノミネートされている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
7/4(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
7/5(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP