F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「10年で最も稼いだスポーツ選手」のトップ10にハミルトンがランクイン

2019年12月27日

 アメリカの経済誌『フォーブス』が「過去10年に最も稼いだアスリート」としてトップ10のスポーツ選手の名前を挙げた。そのなかにレーシングドライバーとして唯一、6度のF1チャンピオンであるルイス・ハミルトンが含まれていた。


 該当する収入にはサラリー、プライズマネー、ボーナス、出演料、ライセンス収入などが含まれ、引退後の収入は除外された。


『フォーブス』によると、1位はボクサーのフロイド・メイウェザーだった。プロとして50戦全勝で世界5階級を制したボクサー、メイウェザーは、過去10年に9億1500万ドル(約1003億円)を稼いだ。


 2位、3位にはサッカーのクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが続いた。


 ハミルトンは10位で、10年間の収入は4億ドル(約438億円)だった。2007年にマクラーレンからF1デビューを果たしたハミルトンは、2008年に自身初のF1タイトルを獲得。2013年にはメルセデスに移籍し、2014年、2015年、2017年、2018年、2019年に王座に就いた。2020年にはミハエル・シューマッハーが持つ最多タイトル獲得回数7回に並ぶ可能性がある。


『フォーブス』による「過去10年に最も稼いだスポーツ選手トップ10」は以下のとおり。


1. フロイド・メイウェザー(ボクシング) 9億1500万ドル
2. クリスティアーノ・ロナウド(サッカー) 8億ドル
3. リオネル・メッシ(サッカー) 7億5000万ドル
4. レブロン・ジェームズ(NBA・バスケットボール) 6億8000万ドル
5. ロジャー・フェデラー(テニス) 6億4000万ドル
6. タイガー・ウッズ(ゴルフ) 6億1500万ドル
7. フィル・ミケルソン(ゴルフ) 4億8000万ドル
8. マニー・パッキャオ(ボクシング) 4億3500万ドル
9. ケビン・デュラント(NBA・バスケットボール) 4億2500万ドル
10. ルイス・ハミルトン(F1) 4億ドル



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報