F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1アブダビGPの焦点】レッドブル、トロロッソとの信頼関係、感情の共有こそが技術とともにホンダが成し遂げた2019年シーズンの功績

2019年12月4日

 ドイツGP以来のポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンが、スタートからゴールまで一度も首位の座を譲ることなく、完勝。タイトルを決めた後も気持ちを緩めることなく、ハードルを高く掲げて挑戦し続けたチームを「心から誇りに思う」と喜びを噛みしめた。

 メルセデスがシーズンの早い段階で開発のリソースを来年以降にシフトしたことは想像に難くない。それでも、レースに強いマシンを仕上げる能力と正確な戦略によって、彼らはシーズンの最後まで最も広い守備範囲を誇り、安定したパフォーマンスを発揮した。アブダビの完勝は、彼らの“力配分”が正解だったことを証明していた。シーズン後半の接戦は、来年、そしてとりわけレギュレーションが大きく変わる2021年以降のメルセデスの強さを想像させるものでもある。

 そんな王者に挑むレッドブル・ホンダは純粋なチャレンジャー。19年は新しいパートナーシップの基礎を固める大切なシーズンになった。チームとの共同作業をスムーズに進めるうえで、田辺豊治F1テクニカルディレクター(TD)が大切にしたのは「コミュニケーション」。長年のレース経験から、レース現場と開発現場の「温度差」を痛感してきた田辺TDは、その温度差を埋めることこそが、F1に戻って来た自分がまず行うことだと考えた。HRD Sakuraを率いる浅木泰昭COOと連携を取り、大きな判断を任せつつ、各部門のリーダーとも綿密な話し合いを続けた。普段から“なぜ”レース現場がこう考えるのか、研究所に伝え続けた。

XPB Images

「研究開発を続ける技術者たちのなかには、レース現場を経験していない人もたくさんいます。だから、普段から密に話し合っていくことが大切なんです。レース現場から何かリクエストした時にも“そういえば、田辺が前に言ってたよね”“投げ方は乱暴だけど、レース現場ってそういうものだよね”“それが現場のロジックだね”って理解してもらえるようにコミュニケーションを取っていれば、“なんで急にそんなこと言うんだよ”とはならないですから」

 ホンダのなかでもキャリアのほとんどをレース現場で過ごしてきた田辺TDは、エンジン屋であると同時に、生粋のレース屋と言っていい。そんな自分を認識しつつ、F1チームを“本物のプロのレース屋”と表現する。

「チームとミーティングを重ねても、コメントは要点を絞り端的に話します。SakuraやミルトンキーンズのHRDとは走行中も話していますが、セッションが終わったところでホンダとして要点をまとめ、チームとのデブリーフで“問題点”を挙げ“この点を解析します”ということを報告します」

 その間にもSakuraやHRD-UKはフル稼働し、最適な答えを探し出す。





レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP