F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アブダビGP FP1:ボッタスがトップタイム。レッドブル・ホンダ勢は2、4番手

2019年11月29日

 2019年F1最終戦アブダビGPの金曜フリー走行1回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、アレクサンダー・アルボンは4番手となっている。


 アブダビGPの週末は例年ほど暑くなく、パドックを吹く風が心地よい。FP1の始まる午後1時の時点でも、気温25℃、路面温度35℃に留まっている。夕暮れのFP2には、さらに温度は下がって行くはずだ。タイヤへの負荷の低いこのサーキットに、ピレリはC3〜C5の最も柔らかいコンパウンドを持ち込んだ。


 体調不良を訴えているウイリアムズのジョージ・ラッセルはこのセッションに一応参加したが、状況次第で交替できるようセルゲイ・シロトキンが控えている。


 セッション序盤は、まずボッタスが1分37秒台のトップタイムを出す。0.6秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いたが、すぐにフェルスタッペンが2番手に割って入った。中団勢では、同ポイントで選手権6位を争うカルロス・サインツJr.(マクラーレン)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が、僅差のラップタイムでしのぎを削っている。


 中盤以降は再び、メルセデス2台が1−2を占める展開に。首位ボッタスは1分36秒957までタイムを伸ばし、0.6秒差でハミルトン。フェルスタッペンは、1.2秒遅れだ。セバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールのフェラーリ勢は、いずれも2秒落ちの4、5番手。アルボンが6番手で続く。この時点では、中団トップの7番手にはルノーのニコ・ヒュルケンベルグが付けている。


 終了30分前、ダニエル・リカルド(ルノー)が最終コーナーを立ち上がりながら白煙を上げ、オイルとパーツをまき散らしてコース脇にストップ。セッションは赤旗中断となった。直前にリカルドを抜かせたガスリーは、マシンも本人もオイルまみれになってしまった。


 13分後に、セッション再開。ボッタスの首位は変わらないが、赤旗中断前にフェルスタッペンが再びハミルトンをしのぎ、0.5秒遅れながら2番手に浮上。アルボン、ベッテルが4、5番手。しかしベッテルは終了2分前、ターン19立ち上がりで挙動を乱しスピン。ガードレールにぶつかって再び赤旗が出て、セッションはそのまま終了した。


 ロマン・グロージャン(ハース)がルクレールをしのいで、6番手に付けた。ケビン・マグヌッセンもルクレールから僅差の8番手と、久しぶりにハースが速さを見せたセッションだった。トロロッソ・ホンダはダニール・クビアト15番手、ガスリー16番手だった。

2019年F1最終戦アブダビGP初日 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1最終戦アブダビGP初日 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)


2019年F1最終戦アブダビGP初日 回収されるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシン
2019年F1最終戦アブダビGP初日 回収されるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシン


(Kunio Shibata)




レース

10/9(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
10/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アイフェルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン230
2位バルテリ・ボッタス161
3位マックス・フェルスタッペン147
4位ダニエル・リカルド78
5位セルジオ・ペレス68
6位ランド・ノリス65
7位アレクサンダー・アルボン64
8位シャルル・ルクレール63
9位ランス・ストロール57
10位ピエール・ガスリー53

チームランキング

※アイフェルGP終了時点
1位メルセデス391
2位レッドブル・ホンダ211
3位レーシングポイント120
4位マクラーレン116
5位ルノー114
6位フェラーリ80
7位アルファタウリ・ホンダ67
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第11戦アイフェルGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号