F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1代表ウォルフ、就任以来初めてグランプリを欠席。ダブルタイトル制覇で「他の問題に注力」

2019年11月13日

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、次戦F1第20戦ブラジルGPではチームに同行しないことを明らかにした。2013年の代表就任以降、ウォルフがグランプリの現場を訪れないのは今回が初めてとなる。


 2019年のコンストラクターズおよびドライバーズタイトルを獲得したメルセデスとそのふたりのドライバーたちにとって、インテルラゴスではこれまでと変わらないレースウイークが待っている。一方でウォルフはヨーロッパにとどまり、「その他の懸案事項」に注力する予定だという。


「ブラジルは、2013年の代表就任以降で初めて、私が出席しないレースになる」と、ウォルフはチームのブラジルGPプレビューで語った。


「両タイトルを制覇したので、私としてはヨーロッパで他の懸案事項に注力する時間を増やせる」


「そのように動けることは素晴らしいことだ。コース内外においてチームが最高のかたちで(メルセデスのロゴである)スリーポインテッド・スターを代表する存在であり続けることが分かっているのだ」

2019年F1アメリカGPでタイトルを獲得したルイス・ハミルトン
2019年F1アメリカGPでタイトルを獲得したルイス・ハミルトン

 2019年の両チャンピオンシップを制したメルセデスだが、それでもシーズン最後の2戦には、勝利するために強い決意を持って臨むという。


「私には、もっと多くの成果を上げたいという強い欲求があるのだ」とウォルフは語った。


「チームには自己満足にひたるような雰囲気はなく、今もスタッフ全員が向上し続けるという決意を持っている。ベストになるというメルセデスの野心に十分応えてくれる、活気あふれる集団だ」


「2019年シーズンはあと2戦が残っている。我々は最高の状態でシーズンを終えたい」


 6度の世界チャンピオンとなったルイス・ハミルトンもウォルフの決意に賛同し、今後の2週間、力をゆるめるつもりは一切ないとして以下のように語った。


「自分はとにかく競争心が強いと思う。だからこそ『オーケー、あと2レース残っている、どうすればもっと良い仕事ができるだろうか。どうやって予選でより良い走りができるだろうか』と考えている」


「予選でポールポジションを獲るチャンスが、あと2回ある。どうすれば去年のシンガポールGPでのようなラップを引き出せるか考えているんだ」


「どちらのレースでもトップに立つためには、どう取り組んでいくべきだろうか、とね」


「僕は常に向上することだけを考えているし、このスポーツを心から愛している。素晴らしい居場所と人生の意義を与えてくれたF1に、心から感謝しているんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報