F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2020年F1では予選に代わって土曜日にミニレースを開催か。全チームが同意とフェラーリ代表

2019年9月16日

 F1グランプリの週末において、日曜決勝のスターティンググリッドを決めるために、土曜日にミニレースが行われるようになるかもしれない。


 これはフェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットの意見によるものであり、彼はF1の全10チームがこの新しいコンセプトに同意していると述べた。


「我々も含め、すべてのチームが賛成している。よって2020年にはミニレースが行われるようになるだろう」とビノットは『Gazetta dello Sport』に語った。


 だがこのコンセプトについて、今のところ他のチーム代表やFIA、F1の商業権オーナーのリバティ・メディアからの声明は出ていない。


 予選レースのアイデアは以前から議論されていたが、話し合いの域を出ることはなかった。ベルギーGPの週末中、一部のチーム代表が予選レースの可能性について発言している。


「その方法はいっそうコストがかかる。なぜならさらにスペアパーツが必要になるからだ。ふたつのレースを一度の週末でやるのだからね。だから、こうしたことのすべてについて検討する必要がある」とハースF1のギュンター・シュタイナーは語った。


 トロロッソF1チーム代表のフランツ・トストは、レースをよりエキサイティングにする最善の方法は、「各チームとマシンがパフォーマンス面で等しいレベルにあるようにすること」であると述べた。


「どのような形式を取ることもできるが、一部のマシンが、他のマシンよりも1秒やそれ以上の差をつけてはるか前にいるようでは、状況は何も変えることはできない」とトストは語った。


「我々がファンに提供しなければならないのは、優れたショーだ。そのためには各チームとマシンのパフォーマンス差がコンマ数秒以内のレベルに収まっていなければならない。中団グループがそうであるようにだ」


「今の状況を見ると、3チームがはるか先にいる。だが中団グループは100分の数秒差で互いに激しい接戦を繰り広げている。マシン同士の熾烈な戦いがあり、面白いレースを見せているのだ。これこそがファンが見たいと思うものだ。私は形式を変えることはそれほど意味がないと思う」


 ビノットが言うようにミニレースがグランプリのグリッド順を決めるようになる場合、ミニレースのグリッド順をどうやって決めるのかということは明らかになっていない。



(grandprix.com)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報