F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、ユベールの事故後の辛い心境を明かす「本当にレースをすべきかどうか考えた」

2019年9月4日

 ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、FIA-F2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが土曜日に事故死した後、F1ベルギーGPに出場するのは非常に辛く、レースをすべきかどうか考えたと明かした。


 決勝日の朝のパドックは悲しみに包まれており、リカルドは前日の悲劇的な事故とユベールの死について、特に動揺している様子だった。


 リカルドは10番グリッドからスタートしたものの、1周目の接触事故により17番手に後退、最高で7番手まで順位を上げたが、最終的には14位に終わった。チェッカーフラッグが遠かったと、リカルドはレース後に語った。


「今日がやっと終わった。レースが終わってうれしい」とリカルド。


「おかしいかもしれないが、僕たちが尊敬の念を表す最善な方法は、今日レースをすることだった。でも本当は、今日ここでレースをしたいと思っていた者はひとりもいないと思う。少なくとも僕はそうだし、そう思っているのは僕だけではないと確信している」


「本当にきつかった。ここで努力して平静を装うことは、とても大変だった。昨日のことがあってから、パドックにいるたくさんの人々が心を痛めているのを知っている」


「終わったことに誰もがほっとしていると思う。ここから先に進むことができる。このようなことが起きるのは、これが最後であってほしい」


 レースの前に荷物をまとめて家に帰ることを考えたかと聞かれ、リカルドは次のように答えた。


「もちろん、昨日の夜は考えた。『本当にやる価値があるのか?』と自分に問いかけた。単純かつ正直な疑問だ」


「これが僕たちの仕事であり、職業であり、人生だ。でも一方で、ただレーシングカーがぐるぐる回っているだけのものだとも言える」


 リカルドは、レース前に行われたユベールの追悼セレモニーに出席、ユベールの母親と兄弟の精神力と勇気を見て、力をもらったという。


「今日ここで彼の家族の姿を見たことが、僕に強さを与えてくれた」とリカルドは語った。


「あんなことがあった後に、ここにこうしているなんて。彼らへの敬意を表しきれないよ」


「何と言っていいか分からない。自分がその立場にいることが想像できなかった。彼らは、今日ここにいる誰よりも強かったと思う」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号