F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、年間22戦開催に伴い、プレシーズンテストの縮小を検討。序列変動につながると歓迎する声

2019年8月20日

 スポーツペサ・レーシングポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、プレシーズンテストを減らすことは、チームの負担を軽減するだけでなく、シーズン序盤にチームの序列が変化する可能性を生むという意味でも、ポジティブな効果が期待できると考えている。


 2020年にはF1開催数が22戦へと拡大するとみられており、F1首脳陣はチームにかかるプレッシャーや作業量を軽減させる手段として、プレシーズンテストの日数を減らすことを考えているといわれる。


 近年、2週間にわたり合計8日間で行われてきたスペイン・バルセロナでのテストが、2020年には2月末に3日間のテストが2回というスケジュールになる可能性がある。


 グリーンは、何よりも予測不可能な要素が増えるとして、テスト日数の削減を歓迎している。


「プレシーズンテストは多すぎると思う。それが私の意見だ」とグリーン。


「ダイナモやシミュレーターで作業することにより、今のマシンはかなり高い信頼性を有している。それにプレシーズンテストを行うサーキットは、我々が(シーズン中に)行く多くのサーキットの典型とはいえない」


「本当に序列が入れ替わることを望むのであれば、プレシーズンテストを減らすことは助けになると思う。良い考えだと思うね」

F1は、プレシーズンテストの日数を減らすことを検討している

 プレシーズンテストを減らすことは、シミュレーションプログラムを増加させることができる大規模チームにとって有利に働くとして反対する声もある。しかしながらグリーンは、いずれにしても現在の8日間は多すぎると主張する。


「不明なことはいつでもある。すべてをシミュレーションするのは非常に難しい」


「多くの場合において、状況を把握できずにいるときには、テストによって学ぶことより混乱することの方が多い。テストをやりすぎることにおける危険性は、そういった部分にある」


「少し減らしてもいいと思う。プレシーズンテストは何にせよ難しいものであり、特に22戦もあるとなると、2週間のテストからシーズンをスタートするというのはあまり良いやり方ではない」


「従って、少しでも少なくなるのなら、担当する人間の負担軽減につながる」


 F1のプレシーズン中のテストは、1週のみで終わらせるべきだとグリーンは考えている。


「話し合いはしている。それでもまだ彼らは、1週間ではなく2週間に分けてプレシーズンテストをしたがっている。(1週間で終わらせれば)1週間の時間が余計にとれるようになるから、その方が正しいと思うのだが」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報