F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、レッドブル・ホンダの改善を警戒。「トップ2を争い、非常に拮抗している」と認める

2019年7月16日

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、レッドブル・ホンダは改善を示しており、トップ2を争ってフェラーリと拮抗していると考えている。


 第9戦オーストリアGPと第10戦イギリスGPにおいて、レッドブル・ホンダはフェラーリと争うことができていた。ビノットは、レッドブル・ホンダがグリッド上でトップ2のチームになりつつあると考えているだろうか?


 イギリスGPの決勝レース後、ビノットはパドックで「彼らは明らかに改善を見せている」と記者団に語った。


「直近の2戦を見てみれば、実際のところ彼らはオーストリアで優勝したし、シルバーストンでは非常に競争力があった」


「我々と彼らのパッケージは非常に近いものだと思うし、過去2戦がそのことを示している。彼らがトップ2のチームか? それとも我々がトップ2か? 我々は非常に拮抗していると考えている」


「結局のところ、我々はさらに改善する必要があることからも、さらに士気が上がっている。どのコースであろうとすべてのレースで優勝を争うことのできる力を持つ必要があるが、今日はそうすることができなかったし、その点では非常に期待はずれであったことは間違いない」


「そして予選後、私は『今日はより良い結果を期待している』と言ったが、ペースが十分ではなかった。改善すべき点は多々あると考えている」


 シャルル・ルクレールはイギリスGPを3位でフィニッシュした。一方チームメイトのセバスチャン・ベッテルは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に追突し、周回遅れの16位となった。


 またフェラーリのドライバーたちは、ソフトタイヤでレースをスタートした。ビノットはこの戦略について、誤ったものではなかったと主張している。


「少なくとも間違った選択ではなかったと言えると思う」


「ドライバーたちと話し合ったが、シャルルはレースのスタート時に良いペースを出していた。とにかく彼はタイヤが摩耗しないように労っていたし、ペースを維持することができていた。後方のドライバーたちよりも速かったのだ。我々は正しい選択をしたと考えている」



(grandprix.com)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報