F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「より良いF1にするため、ドライバーの意見を取り入れたレギュレーション作りが必要」とグロージャン

2019年7月5日

 ロマン・グロージャンは、2021年のレギュレーション制定においてF1ドライバーが重要な貢献をすることができると語り、レースを改善する方法を本当に分かっているのはドライバーであると主張している。


 2021年ルール制定への準備の進捗を確認するため、F1、FIA、チーム間の会議が最近パリで行われた、そこにはルイス・ハミルトンとニコ・ヒュルケンベルグの姿もあった。


 F1のスポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ドライバーからの意見を歓迎している。ロマン・グロージャンもパリでの会議に参加する予定だったが、スイスの自宅が強盗未遂の被害にあったため、出席をキャンセルせざるを得なかった。


 しかしながらグロージャンは、今後の会議には熱心に取り組み、10月末に確定される予定の将来のルール案策定に加わりたいと強く希望している。


「パリに向かう予定だったが、強盗未遂事件があってね」とグロージャンは語った。


「妻を置いていくことはできなかったから、直前になってキャンセルせざるを得なかった。でも今後の数回の会議には出席する予定だ」


「ドライバーも招待されており、参加することになる。僕たちドライバーだけが、何が必要で何がそうでないかということを、本当に分かっているんだ。より優れたレースをし、走行中により良い感触を掴むという点についてはね」


「大きな違いを生むとは思えないような話し合いが多く行われている。少なくとも僕たちドライバーが参加すれば、僕たちの感じていることや、優れたレースのために何ができるかということについての考えを説明することができる」


 現在、現役F1ドライバー全員がグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)のメンバーであり、この統一団体があることにより、さらに広範囲に及ぶ意見が提供されることになるだろう。


「100パーセントのドライバーがGPDAのメンバーになっているのは良いことだ。これまでにないほどに強力な団体になっていると思う」とグロージャンは付け加えた。


「F1世界チャンピオンとしてルイスが参加していて、彼の意見は注目されやすい。でも僕たちは全員が同じ考えを持っているんだ。ドライバーたちと話をしたら、僕たち全員が同じ願いを持っていることが分かる。それが現実になることを願っているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報