F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1敗北も、ボッタスにとっては「ハミルトンに勝ったという意味でポジティブなレース」

2019年7月4日

 F1オーストリアGPにおいて、メルセデスは2019年シーズン初の敗北を喫した。しかし3位となったバルテリ・ボッタスは、少なくともドライバーズ選手権でルイス・ハミルトンとの差を縮められたことには満足している。


 酷暑のシュピールベルクでは、これまでは強力だったメルセデスもダメージを最小限に食い止める形での戦いを強いられた。ボッタスとハミルトンは71周のレースの間中、エンジン温度への対処を行わなければならなかった。


 レース序盤では2番手を走行していたボッタスだが、最終的にはレッドブルのマックス・フェルスタッペン、フェラーリのシャルル・ルクレールに次ぐ3位でフィニッシュしている。


 ボッタスは、この日が最も厳しいレースのひとつとなったことを認めた。エンジン温度を抑えるために、リフト&コーストを多用しなければならなかったのだ。


「暑くなることは分かっていたが、計算も少し間違っていたんだ」とボッタスは語った。


「リフト&コーストでのラップタイムの見積もりが完全に正しくなかったと思う。リフト&コーストをするたびに、実際の予測よりも大きくタイムを失っていた」


「僕にとってはパワーユニット管理と温度管理の面で最も厳しいレースだった。これまではそれほど管理する必要がなかったからね」


「それに、温度のせいでエンジンのフルパワーを出して走行することができなかった。そのことがラップタイムに大きく影響したんだ」


「トリッキーだったよ。アタックも防御もほとんど不可能だった。それに前のマシンに近くたびに、ダッシュボードに大きく派手な色の警告が表示されるんだ」


「だからこのレースから僕たちは学び、改善をしていく必要がある。これからも暑いレースはあるからね」


 ハミルトンが5位でフィニッシュしたことで、ボッタスはタイトル争いにおいて彼に少し近づくことができ、ポイント差を31ポイントまで縮めている。


「今週末の今日という日は、僕にとってポジティブな一日だった」とボッタスは付け加えた。


「表彰台に立って、無料のシャンパンを飲むのはいつだっていいものだ! それは事実だよ。それに最後にはルイスよりも多くポイントを獲得することができたしね」


「僕はドライバーズ選手権で2位につけている。僕の目標はルイスとのポイント差を詰めることだ。その目標は今週末達成されたが、表彰台のもっと上の段に行けたら良かったね」


「でも、ポイントの面では、もっと悪い週末になる可能性だってあったんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報