F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第9戦オーストリアGPの焦点】この勝利は、本当の意味での第一歩──。田辺豊治TDの頭脳に加わった新たなベース

2019年7月2日

 表彰台に登場したマックス・フェルスタッペンは、両手の人差し指で左胸の“H”を示し、誇らしげに胸を張った。レッドブルのホームグラウンドで実現した、ホンダ・パワーユニットの初勝利。プレゼンターのひとり、ゲルハルト・ベルガ―は2位のシャルル・ルクレールにトロフィーを授与し、フェルスタッペン、バルテリ・ボッタスと握手を交わした後、田辺豊治テクニカルディレクター(TD)のもとへと進んで大きなハグで“お気に入りのエンジニア”を包んだ──。ホンダ第2期F1時代からのファンにとって、感動がひと回り大きく膨らむシーンだった。

 田辺TDがベルガーのエンジン・エンジニアを務めたのは第2期後半のこと。F1界一のプレイボーイとして名を馳せ、いたずらっ子として恐れられたベルガーが、実直な日本の技術者に全幅の信頼を寄せた。何に関しても完璧を要求するアイルトン・セナがもたらす張りつめた空気が、時には誰の肩にも重くのしかかった時代。スマートにチーム内の空気を和らげたのがセナの親友ベルガーで、そのベルガーを力強く支え、バランスを保ったのが、ドライバーと同年代の田辺エンジニアだった。

「タナベはどこだぁ!?」
 ホンダが第3期活動を開始した当時、BMWのディレクターを務めていたベルガーは真っ先にたずねてきた。もちろん、アメリカで活躍していることは知っていたけれど。「F1に戻ってくるのにタナベがいないなんて、ホンダはどうかしてるよ!」──これが、言いたかったのだ。ベルガーにとって、ホンダ=タナベ。
 ベルガーだけではない。アメリカに行けばジミー・バッサーをはじめ、多くのドライバーが「タナベと一緒に勝った」と言う。入れ替わりの激しい日本の自動車メーカーにおいて、田辺豊治は組織の人ではなく本物のレース屋さん。ドライバーからもチームオーナーからも100%信頼された。なぜなら、技術者としておごりがいっさいなく、潔いほど正直だから。同時に、現実を見極めながら「勝ちたい」情熱を決して絶やさない人間だから。

「レースだから、もちろん勝ちたい。2020年を目標に、なんて考えてないです。やれることは、今すぐやります。入れられるものがあれば、どんどん入れていきます。でも、この先には今までなかった困難も待ち受けているだろうし、メルセデスもフェラーリも休んでいるわけじゃないですから。難しいことは分かっています」──こう話したのは、昨年の日本GPが終わった後。

「3位表彰台に安堵したのと同時に、トップとの差をまざまざと見せつけられた」と言ったのはレッドブルと戦った今年の開幕戦の後。

 ハイブリッド時代の初勝利は、劇的なレースで実現した。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報