F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、“ゼロから始まるプロジェクト”にはもう興味なし。「勝てるマシンに乗れる場合に限りF1復帰を考える」

2019年6月20日

 フェルナンド・アロンソは、将来、F1に復帰する可能性を否定しないと改めて述べる一方、“ゼロからスタートするプロジェクト”に参加するつもりはないと語った。


 アロンソは、新たにスタートしたマクラーレン・ホンダ・プロジェクトに参加する形で2015年にフェラーリから移籍。しかしこのプロジェクトは結果を出すことなく、マクラーレンとホンダは袂を分かち、アロンソは2018年末でF1活動から退いた。

2017年F1第19戦ブラジルGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 現在アロンソは、マクラーレンのアンバサダーを務める一方で、モータースポーツのトリプルクラウン、つまりF1モナコGP、ル・マン24時間、インディ500のすべてを制することを目指している。残るはインディ500での優勝のみだが、マクラーレンとともに新しい体制で挑戦した今年は予選落ちで終わった。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)


「トリプルクラウンを制することを目指している。マクラーレンとの契約で(インディ500に)挑戦したけれど、残念ながら今年は予選を通過することができなかった」とアロンソはMan in Town誌のインタビューで語った。


「トリプルクラウンを達成したのは、過去にグラハム・ヒルひとりだけだから、現代のモータースポーツ界においてそれを達成できれば、素晴らしい成果といえる」


 今後の活動について聞かれたアロンソは、「何に関してもドアを閉ざしたりはしない」と答えた。


「ただ、F1に戻るのは、世界タイトルを獲れる現実的な可能性がある場合に限る」
「ゼロからスタートするプロジェクトには関心はない。すぐに勝てるだけの能力を持ったマシンに乗りたい」
「F1に魅力を感じれば戻るだろう。それは間違いない」


 アロンソは、インタビューのなかで、過去にチャンピオンチームであるメルセデスと交渉を行ったことがあると明かしている。ニコ・ロズベルグが2016年末で電撃引退した後のことだという。


「メルセデスと話をしたことがある。2016年、ニコ・ロズベルグが引退を決めた時のことだ。(代表の)トト・ウォルフと話をしたが、合意に達することがなかった」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報