F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1代表、パワーユニットを例に「規則を変更しなければ、パフォーマンス差は縮まる」と主張

2019年6月17日

 メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ウォルフは、F1には安定性が必要だと主張している。2021年の技術レギュレーションの変更を最小限にすれば、競争の場におけるパフォーマンスの差を縮めるのに役立つというのだ。


 F1オーナーのリバティ・メディアが、F1の将来のレギュレーション策定に乗り出した時、技術ルールの大幅な改定が掲げられた。しかしながら、過去12カ月以上にわたりF1上層部とチームとの話し合いが行われるなか、2021年の技術ルールに関しては妥協がなされ、事実上現状維持となる見込みであることが明らかになった。


 変化の見込みがないことでファンは落胆しているが、F1のハイブリッド時代を支配するメルセデスF1のトップであるウォルフは、状況は良い方向へ向かっていると主張している。


「これまでの主張は、あるチームやトップ3チームは避けていたが、レギュレーションを変更するというものだった」とウォルフは語った。


「なぜならレギュレーションを変更することで他のチームが追いつくかもしれないと考えていたからだ」


「だが実際は正反対の事態になると思う。レギュレーションを変えずにいれば、そうは思えないかもしれないが、最終的にパフォーマンスの差は縮まるだろう」


「そのことはパワーユニットのレギュレーションにおいても見てとれる。シャシーのレギュレーションについてもそのままにしておけば、最終的により多くのチームの実力差が縮まるだろうと考えている」


「だが過去にそうだったように、チームはルール変更を働きかけている。なぜなら変更によって彼らが有利になると考えているからだ」


「2018年と2019年のレギュレーションを考えてみれば、彼らが有利になるようなことは何も起きなかった。実際はトップチームが差を大きく広げた。だから我々は、振り出しに戻ったのだ」


 しかしながらウォルフは、自分の考えはメルセデスの利益を守ることを前提としているとして却下されるだろうと認めている。


「我々は何度も同じ間違いを犯していると思うが、我々の立場では、信用を得たり耳を傾けてもらうことが非常に難しい」


「人々は我々がアドバンテージを維持したいからルールを変えたくないのだと考える。実際には反対のことが起きるのだが」


「ルールをそのままにすれば、パフォーマンスの差は縮まるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報