F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1が次戦フランスGPでのPUアップグレードを計画との報道。レッドブル側もシャシーを大幅改良か

2019年6月13日

 オランダのメディアが、次戦F1フランスGPでホンダがアップグレード版パワーユニット(PU/エンジン)を持ち込む予定であると報道、それがマックス・フェルスタッペンの戦いを後押しすることへの期待を示している。


 今月初め、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、ホンダは第14戦イタリアGPに“ナンバー4エンジン”を導入すると発言した。一方、今週、De Telegraafは、第8戦フランスGPで、レッドブルのフェルスタッペンとピエール・ガスリーのマシンに新仕様のパワーユニットが搭載される見込みであると報じた。ホンダは第4戦アゼルバイジャンでスペック2を投入している。


 2019年F1規則では、21戦のなかで6エレメントのうちICE(エンジン)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限され、それを超えるとグリッド降格ペナルティを科される。


「僕はホンダとレッドブルのプロジェクトを信じている」とフェルスタッペンは言う。


「向上の必要があるのは間違いないが、それはシーズン初めから分かっていたことだ。大きなショックはない」


「パフォーマンス改善のために努力している。今後のレースでどのあたりの位置にいけるかを見てみよう。パワーが向上し、マシンバランスが改善すれば、状況は大きく変わるだろう」

2019年F1第7戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー
2019年F1第7戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー

 カナダGPではフェルスタッペンは5位、ガスリーは8位、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは10位と、ホンダのパワーユニット搭載車4台中3台がポイント獲得を果たした。しかし、フェルスタッペンは、メルセデスやフェラーリと戦える速さはなかったとして、「次のレースでは前とのギャップを縮められるように努力していく必要がある」とコメントしている。


 De Telegraafによると、レッドブルもシャシーの大規模なアップグレードを計画しているということだ。



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報