F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1のタイトル獲得の望みを維持するためには「今後数戦が非常に重要」とベッテル

2019年6月7日

 セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1が調子を上げ、最大のライバルであるメルセデスに追いつこうと試みるうえでは、これからの数戦が非常に重要になるだろうと話している。


 2019年シーズンこれまでの6戦で、フェラーリはいまだ一勝もできずにいる。SF90はプレシーズンテストで強さを見せたにもかかわらず、優位にあるメルセデスのW10のパフォーマンスに対抗できていないのが現状だ。


 カナダGPを目前に控え、コンストラクターズランキングにおけるフェラーリとメルセデスの差は118ポイントだ。その一方でドライバーズ選手権においてもベッテルはハミルトンに55ポイント差をつけられており、チームもドライバーも、わずかなミスすら許されない状況にある。


「僕たちにとってこれからの数レースは上位に戻り、メルセデスをさらに苦戦させるために非常に重要なものになる」とベッテルは認めた。


「一度立て直すことができれば、僕たちには期待を持てるだけの根拠がある」


 ベッテルはメルセデスとフェラーリのポイント差にとらわれているわけではないが、チームが今後もタイトル獲得の野望を維持するためには、これからの数戦で大きな結果を出す必要があることを認識している。


「すぐにでも結果を出すことが重要ではあるけれど、現時点で『今日でなければならない』といった焦りを感じているわけではない」とベッテルは付け加えた。


「明らかに僕たちは遅れをとっているし、明らかにメルセデスとその他のチーム、またメルセデスと僕たち自身の間には大きな差がある。だからその差を縮めて前進しなければならない。さもなければ状況を逆転するのは困難になるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報