F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、レッドブルF1育成時代を振り返る「マルコ博士からの電話は、常に喜べるものではなかった」

2019年6月3日

 ルノーのダニエル・リカルドは、レッドブルのジュニアドライバーだった時代を振り返り、モータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコからの電話について、常に嬉しいものではなかったと明かした。


 リカルドは今年、10年以上在籍したレッドブル・ファミリーに別れを告げ、ルノーに移籍して新しいキャリアに進んだ。


 最近になって、リカルドは元F1王者ニコ・ロズベルグの最新のポッドキャスト『Beyond Victory』において、レッドブルのジュニアドライバープログラムに参加していた過去の時代を振り返った。そこで彼は、若手ドライバーの運命を左右する、恐ろしくて油断のならないマルコとの関係性について語った。


「彼は常に、とても情熱的だった」とリカルドは語った。


「非常に気遣いをする人で、それだからこそとても厳しく、断固たる人だった」


「電話で彼との会話を終えるたびに、自分がどの立ち位置にいるのか、彼が何を期待しているのかということが分かった。だから僕が早く成長することができたのは確かだ。その点で彼のことをとても尊敬している」


「彼の名前が電話に表示されるのは、いつもうれしいわけではない。『本当にこの電話に出たいのか?』という感じだ」


「でもその時電話に出なくても、後で話をしなければならないだけだ。時にはただ傾聴してうなずき、何も言わずにいなければならなかった」


 それこそが、内気なリカルドがまさに2010年にしていたことだ。当時、彼はマウンテンバイクの事故で負った怪我のせいでフォーミュラ・ルノー3.5のテストを欠席し、レッドブルからの支援を失う危機にあった。


「テストの2週間くらい前、そのときはたった2回のテストに制限されていたんだけれど、僕はマウンテンバイクで転倒して手首を骨折してしまった」とリカルドは振り返った。


「初回のテストができないことは分かっていた。手をほとんど動かすことができなかったんだ。でもスペインのヘレスに飛んで、少なくともテストをやろうとしているところを見せようとした」


「アウトラップを走行して、まっすぐピットに戻った。そして『ごめん、僕にはできない』と言った。そうしたら僕の電話が鳴ったんだ」


「ヘルムートからの電話だった。『何が起きたんだ?』と聞かれて、僕は『本当にやってみようと思ったけれどできなかった。ごめんなさい。でも手首を治して最初のレースには間に合うようにするから、心配しないでください』と答えたよ」


 予想通りマルコは、リカルドの不注意に感心していなかったという。


「まずいことになったと分かった。長い沈黙のあとで、彼の次の言葉は『君はばかだな』だった。そして彼は電話を切った」


「次のマニクールでのテストには参加した。たしかそれから10日後くらいのことだったけれど、すべてのヘアピンを覚えているよ。手首を十分に回転できなかったから、ほとんど片手で走行していたようなものだった」


「でも最初のレースでポールポジションを獲ったから、問題なかったよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報