F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2020年にF1オランダGPが復活。1985年以来35年ぶり、フェルスタッペンの活躍も一助

2019年5月14日

 F1は5月14日、2020年から3年契約でオランダGPを開催する契約を交わしたことを発表した。これにより35年ぶりにオランダでF1が開催されることになった。


 今回の開催契約は、ザントフールト・サーキットと同サーキットを運営するスポーツバイブス、TIGスポーツの3社とF1F1との間で交わされたもの。この契約により、1985年以来、開催が途絶えていたオランダGPが復活することとなった。


 第31回大会となる2020年のF1オランダGPでは、同国のビールブランドで、F1のグローバルパートナーであるハイネケンがタイトルスポンサーを務めることも明かされた。


 開催地となるザントフールトは、オランダのビーチリゾートとして知られる場所で、ザントフールト・サーキットもビーチのすぐ横に面している。


 今後、サーキットではF1開催に必要な設備を整えるべく、施設やコースの改修工事が行われるとのこと。


 F1チェアマンのチェイス・キャリーは「F1をオランダのザントフールト・サーキットでもう一度開催できることをうれしく思う」とのコメントを発表した。


「私がこの職に就いたときから、F1の根幹であるヨーロッパラウンドの歴史を守りながら、新たな場所でもF1を開催したいと公言してきた」


「2020年は、ベトナムの首都、ハノイで新たにF1を開催すると同時に、35年ぶりにザントフールトでもF1を開催することになる」


「ザントフールトはF1にとって長い歴史のあるサーキットであり、近年はオランダ出身であるマックス・フェルスタッペンの活躍により、同国内でのF1人気も高まっているんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号