F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2019年シーズン未勝利のベッテル、今季型マシンのフェラーリSF90の「不自然な挙動」に苦戦

2019年5月7日

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、現状ではベストなドライビングができていないことを認めている。彼はフェラーリF1のSF90の「不自然な挙動」に直面し、苦しんでいるのだという。


 フェラーリの2019年型マシンはプレシーズンテストで存在感を示し、開幕時点で明らかに優勢になると見られていた。しかしベッテルはペースの面でたびたび新人のシャルル・ルクレールを下回る状況にあり、開幕前の好調を再現できていない。


 チームの環境により、ベッテルはチャンピオンシップポイントでルクレールを上回っているものの、メルセデスのライバルに挑戦するには、彼とチームの両方がパフォーマンスを向上する必要があると主張している。


「僕らにはより速さが必要だ。それほどシンプルなことなんだ」と、4度のチャンピオン経験を持つベッテルは語る。


「僕らは速くならなければならない。マシンを正しい作動域に入れ込むために、僕らは意識的な努力をしなければならないんだ。ところが彼ら(メルセデス)にとっては、もっと簡単なことみたいだね」


「特にバクーのような場所では、マシンに対する確信が必要になる。僕はまだそこまで到達できていない」


「マシンに対して思うような答えが見つけ出せなかったり、レスポンスしなかったりするから、ベストな状態でドライビングできていないという感覚がある。不自然だと思うんだ。他の皆は、できているのだろうね」


 バーレーンGPでSF90をポールポジションにつけたルクレールは、このレースでの優勝をエンジンのトラブルにより逃しているが、特に予選ではマシンバランスの問題に大きな影響を受けていないように見える。


 しかしベッテルは、ふたりの純粋なペースの差は、彼のより注意深いアプローチによるものだとした。


「(パフォーマンスが)発揮できていないときには、行くべきではないという判断が正しいということになる。マシンを失うことになるからね」とベッテル。


「レースより、テストのときのほうが敏感だったと感じているんだ。テストは本当に良かったけれど、それはもうだいぶ前のことになる」


「僕らは速くなるために、前を見据えつつ、状況の扱い方や取り組み方を改善していく必要がある」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号