F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.、“ミッション”を達成して今シーズン初入賞「母国レースに向けて良い後押しになった」

2019年4月30日

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、第4戦アゼルバイジャンGPでようやく今シーズン初ポイントを獲得し、母国レースである次戦のスペインGPに向けて良い後押しになったと話した。


 2019年シーズン、サインツJr.は不運に見舞われており、アゼルバイジャンGPまでの3レースではいずれもポイントを逃していた。


 だがバクーでは9番手から決勝レースをスタートすると、サインツJr.は状況を好転させ、7位に入賞した。


「個人的には、今回のレースではホッとした」とサインツJr.は話した。


「開幕からの3戦でも、今日のレース(アゼルバイジャンGP)で発揮したようなペースはあった。だけど、まだ理由はわかっていないけれど、シーズン最初の3レースは僕たちには不運なことがあった」


「今日はいかなる問題も起きなかったし、僕たちのできることを証明した」


「特に最初のスティントでは、僕にはできるだけ多くのドライバーをオーバーテイクするというミッションがあった」


「6周目以降、僕はすでに、レーシングポイントに仕掛けるために『ここを走りたい』と思っていた場所を走っていた。あの時、彼らは僕よりも早くピットに入った。だから(レーシングポイントよりも最初のスティントを)長く走ろうと思ったけれど、その戦略はうまくいかなかった。タイヤのグレイニングがあまりにもひどかったんだ」


「僕はランド(ノリス)と(セルジオ)ペレスの後ろで何とか最後までタイヤを保たせた。VSC(バーチャルセーフティカー)のおかげでペレスには1周あたり0.5秒の余裕があったので、彼を追い抜くことはできなかった。でも大体満足しているよ」


 マクラーレンは、ペレスを追いかけるノリスにアドバンテージを与えるため、VSC時にタイヤを交換するというギャンブルを敢行した。だが最終的にこの賭けが失敗に終わったこともあり、サインツJr.とノリスの順位が入れ替わる形となった。


 しかしサインツJr.にとって今回の結果は、まさに母国レースである次戦スペインGPを前に望んでいた結果だ。


「全員の素晴らしい努力のおかげだ。僕たちはプッシュし続ける必要がある。そして意欲を持って、より高みを目指さなければならない」


「僕の母国グランプリに向けて、良い後押しになったよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/15(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/16(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号