F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダが次戦のF1アゼルバイジャンGPで、パワーユニットのアップデートを前倒しで投入か

2019年4月18日

 ホンダがパワーユニット(PU/エンジン)開発計画を前倒しするようだ。本来なら第6戦モナコGPに予定されていたスペック2投入を、来週の第4戦アゼルバイジャンGPに行う可能性が出てきた。


 開幕してまだ3戦しか終了していないが、ホンダは次戦での2基目のPU投入をほぼ決めたと言われる。噂ではこの改良版で、約20馬力のパワーアップが期待できるという。


 レッドブル・ホンダはメルセデスとフェラーリに少しでも早く追い付くことを、今季の目標としてきた。しかしレッドブルの2019型マシンRB15は期待したほどの戦闘力を発揮できておらず、ここまで開幕戦の3位表彰台、第2、第3戦での4位入賞と、まだ一度も勝てていない。


 そのためレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、「車体の改良が最優先事項だ」としつつも、「ホンダのさらなるパワーアップ、それも1戦でも早い投入が望まれる」と中国GP後にコメントしていた。


 レッドブルとしては、改良版パワーユニットの前倒し投入によって、年間3基の使用制限を超えてしまったとしても、何よりも性能向上を優先させたいというスタンスだ。もしアゼルバイジャンでスペック2が投入されたとして、それがレッドブルだけの措置なのか、あるいは中国でパワーユニットを交換したばかりのトロロッソにも行われるのかは、今のところ不明だ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ Kunio Shibata)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報