F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アゼルバイジャンGP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダのふたりはソフトタイヤを多めに選択

2019年4月17日

 次戦F1アゼルバイジャンGPでの各チームのタイヤチョイスが発表された。フェラーリはライバルチームよりもソフトタイヤを少なく選んでいる。レッドブルはこれとは対照的に、ソフトタイヤを多めに選んだ。


 ピレリはC2、C3、C4のコンパウンドをバクーに持ち込む。しかしセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、赤いマーキングのソフトタイヤ(C4)を7セットとした。メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスの8セットより1セット少ない選択だ。


 またフェラーリは黄色のマーキングのミディアムタイヤ(C3)を5セットとしているが、メルセデスはこれを4セットとした。


 レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリーはソフトタイヤを9セット選択。しかしルノー、マクラーレン、レーシングポイントらはこれを10セット選んでいる。


2019年F1アゼルバイジャンGPのタイヤチョイス


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 23:00〜24:30
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号