F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ・ホンダのクビアト「今度こそ速さを結果に結び付けたい」:F1中国GPプレビュー

2019年4月11日

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、2019年F1第3戦中国GPで好結果を出すために、スムーズな週末を過ごす必要があると考えている。


 前戦バーレーンGPでクビアトはチームのミスにより予選Q2最後のアタックができず、15番手に沈み、決勝ではスピンを喫し、ピットレーンでの速度違反でペナルティを受けたことで後退、12位でノーポイントに終わった。


 しかしクビアトは、結果には結びつかなかったものの速さはあったとして、中国GPでの挽回に期待をかけている。


「バーレーンではうまくいかない部分があった。望んでいたほどの周回を走ることができず、それによって路面コンディションの変化についていくのが難しかった」とクビアトは言う。


「僕らは予選で完璧な仕事ができず、レースもまとまりのないものになってしまった」


「一方で、ポジティブな要素もあり、僕のペースはとてもよかった。中国に向けて心強いよ」


「それにバーレーンテストでは2日間、有意義な作業ができた。アレックス(・アルボン)はチームのテストを担当し、僕はピレリのためのタイヤテストを行った」


「中国ではすべてがベストの状態で機能するよう、いいセットアップを見つける必要がある。それができればとてもいい週末になるはずだ」

■「表彰台の経験がある中国で走るのが楽しみ」とクビアト

 クビアトはレッドブル時代の2016年、中国GPで3位表彰台を獲得した。良い思い出の地であるとともに、上海インターナショナルサーキットのレイアウトを気に入ってもいるとクビアトは言う。

2019年F1第2戦バーレーンGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

「中国にはいい思い出がある。2016年に6番グリッドから3位表彰台を獲得したんだ」


「低速コーナーと中速コーナー、そしてロングストレートがうまく組み合わされた面白いコースだ。ここでうまく走れたときの満足度は高い。トリッキーなセクションもあり、超ロングストレートの後のヘアピンではハードブレーキングが必要になるし、最初のふたつのコーナーも難しい」


「今回、F1が1000戦目を迎える。そのグランプリで走れることをうれしく思っている。今回参戦するドライバーはF1の歴史の一部になることができるんだ。その一員だというのは素晴らしいことだよ」



(autosport web)




レース

8/14(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
8/15(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/16(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号