F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1のド・フェラン、中国GPでは中団グループの勢力図が変わると予想

2019年4月9日

 マクラーレンF1のスポーティングディレクターを務めるジル・ド・フェランは、上海インターナショナルサーキットのコースレイアウト特性から、中国GPでは中団チームの競争力バランスが変わる可能性があると述べている。


 マクラーレンはオーストラリアGPとバーレーンGPをともにトップ10内からスタートし、バーレーンGPではランド・ノリスが6位に入賞したことで、今季初ポイントを獲得した。


 しかしながら上海インターナショナルサーキットは、F1における最長の高速ストレートと数カ所の鋭角なコーナーが組み合わされており、チームにとってはセットアップが課題となる。このコースはマクラーレンのMCL34にとって、最も有利な戦いの場とはならないかもしれない。


「中国GPはMCL34に、またも新たな挑戦を投げかけてくるだろう」とド・フェランは説明する。


「オーストラリアGPの市街地コースやバーレーンGPのナイトレースといった状況は、我々にとって有利に働いた。しかし上海インターナショナルサーキットはこうしたコースとは特徴が大きく異なる。そのため、チーム間の競争バランスは再度変わる可能性がある」


「それでも我々の中国に向けた焦点は変わることはなく、レースウイークの各日を最大限活用することになるだろう。日曜決勝に向けて最高のチャンスを掴むために、土曜予選でパフォーマンス面で進歩を見せ、高い競争力を確実に発揮することを望んでいる」


 2019年の最初の2戦で不運に見舞われたカルロス・サインツJr.は、上海ではMCL34のシャシー性能に関して、より正確な評価ができるだろうと考えている。


「力を取り戻し、再び戦う準備を整えて中国に向かうよ」とサインツJr.は語った。


「バーレーンでは、僕たちには特に予選とレース序盤の両方で強力なペースがあった」


「残念なことに、その後僕は接触され、ギヤボックスの問題でリタイアすることになってしまった。でも中国にはポジティブな面を持ち込みたい。上海のコースは変化に富んでいるから、MCL34のパフォーマンスについて、より確かな感触が掴めるだろう」


「ターン1は手ごわいが楽しめるコーナーだし、ターン14に向かう長いストレートは、レースをする上でエキサイティングなチャンスが生まれるところだ」


 F1で2番目に成功したチームであるマクラーレンは、F1における1000戦目となる中国GPのレースに、誇り高い達成感とともに臨むことになる。


「上海では1000戦目のF1レースを祝うことになるだろう。我々のスポーツが長い年月にわたって続いていることを証明する、素晴らしい功績だ」とド・フェランは話す。


「1000戦のうち約85パーセントのレースに参戦してきたことと、この歴史の一部であることをマクラーレンは誇りに思っている。次の1000戦目も祝いたいものだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報