F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「長身ドライバーが不利な状況を改善すべき」。F1のコクピットサイズ標準化を求める声

2019年4月9日

 ウイリアムズF1チームのジョージ・ラッセルが、ドライバーの体格による不公平を減らすため、F1にコクピットのサイズに関する規定を導入すべきだと主張した。


 ラッセルは、小柄なドライバーを走らせるチームは、シャシーにおいて自由になるスペースを余計に得ることができて有利であると考えている。身長185cmのラッセルのようなドライバーには不利な面があるというのだ。


 ラッセルは、コクピットサイズを厳格に定めることで問題が解決するかもしれないと語った。


「小柄なドライバーだと得をする。(デザイナーが)やりたいことをやる余地が増えるからだ」とラッセルは言う。


「F2やF3では192cmのドライバーに合うスタンダードサイズが取り入れられている。こういう変化にファンは気づかないだろう。それでいて、正しい方向に向かうことができる」


 体重が軽いドライバーが有利な状況を変えるため、2019年F1ではドライバーとシートの最低重量が80kgに設定された。


「F1にはこういうことが必要だ。次のステップは、コクピットに標準サイズを導入することだと思う」とラッセルは語った。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報