F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス&レッドブル・ホンダ、フェラーリのストレートスピードに懸念示す「ストレートでは0.4秒以上の差があった」

2019年4月8日

 メルセデスのバルテリ・ボッタスと、レッドブル・ホンダのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、現在フェラーリが有している重要なアドバンテージについて、同じ意見を持っている。


 フェラーリは、開幕戦オーストラリアGPでは予想外の不振に陥った。エンジン冷却に慎重すぎるアプローチをとったためと見られるが、その後のバーレーンGPでは、プレシーズンテスト後の予想に一致するようなパフォーマンスを見せた。


 フェラーリの2019年型マシン『SF90』は間違いなくバランスの優れたパッケージだが、バーレーンでライバルたちが目を見張ったのはそのストレートスピードであり、特に予選でシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルがフロントロウを独占したことだ。


「フェラーリはあの週末、非常に強力だった」とホーナーは語った。


「メルセデスがワン・ツーフィニッシュを飾ったのは幸運のおかげだ。フェラーリは他のチームを圧倒していたのだ。ストレートでのパフォーマンスは、素晴らしく印象的だった」


 ホーナーの評価にはボッタスも同意している。フェラーリはバーレーンGPでのストレートスピードにおいて“著しい進歩”を見せたとボッタスは考えており、次の中国GPを前に彼はそのことを懸念している。


 ボッタスは、「フェラーリがストレートで常に速さを発揮しているのを目にしてきた。中国GPではさらに長いストレートがあるので、僕たちは懸命な作業をする必要がある」と語った。


「もちろん僕たちは常にマシンを改善している。何ができるのかを見直す必要があるが、難しい作業になるだろう」


「でもバーレーンでのように、自分自身のことに集中して自分の仕事をすれば、何が起きても不思議ではない」


 またボッタスは、これからのシーズンでフェラーリが理論上トップスピードで有利なのは、中国だけではないと指摘した。


「次の2レース(中国とアゼルバイジャン)ではとても長いストレートがある。(バーレーンでは)彼らは1周あたり、ストレートだけでコンマ4秒以上の差をつけていたと思う」


「僕たちは、それだけではコンマ4秒の差をつけられない。コーナーやストレートで差をつけていく必要があるかもしれないが、シーズンは序盤で、先は長い。少なくともこれから取り組めることについては分かっている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報