F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、レーシングポイントF1でチームメイトとなったストロールを称賛。「僕に近いペースで走っている」

2019年4月8日

 レーシングポイントF1チームのセルジオ・ペレスは、ランス・ストロールに対して大きな称賛の言葉を送った。新たにチームメイトとなったストロールはレースペースにおいて、以前のどのチームメイトよりも自身に近いとペレスは考えている。


 20歳のストロールを単なる“億万長者の息子のペイドライバー”と見る者は、今でも彼に対して批判の声を浴びせている。しかしストロールは進化を続けており、そういった声に対して、自身のスキルと才能が本物であることを証明してきた。


 オーストラリアGPでも能力を示す機会に恵まれ、チームメイトのペレスが中団で混雑に巻き込まれるなか、ストロールは確固たる走りを見せつけてポイントを持ち帰っている。このときの走りが、ペレスを感心させたのだ。


「エステバン(・オコン)とニコ(・ヒュルケンベルグ)は、かなり似通ったアプローチをしていた。彼らは常にレースペースに苦しんでいたようだった」とペレスは語る。


「しかしランスのレースペースは、他のどのチームメイトよりも僕に近い。日曜日もすでに、かなり良い走りをしている」


「驚いたよ。なぜならこれまでのチームメイト相手では、ロングランは簡単だった。でも今はそうではない。彼は日曜日に関して、良い理解力を持っている」


「良いことだよ。ポイントを獲得するのにはそういったことが必要だ。中団グループがこれほどまでに接戦なら、なおさらだ」


 ストロールのパフォーマンスは、良いマシンに恵まれないドライバーの能力を評価することの無益さを強調するものであり、昨シーズンはウイリアムズに在籍していたストロールも同様だとペレスは言う。


「ランスのスピードを確かめるために会ったときに、すでに驚かされたよ。人を評価するのは、とても難しいということの証明になった。F1ではそうしたことが、マシンのパフォーマンスと大いに関係してくるんだ」


「彼にはスピードと才能があり、懸命に取り組んでいる。安定してポイントを獲得すると思っているし、それはチームにとって素晴らしいことだ」


「コンストラクターズランキングを4位で終えるためには、両方のマシンが毎週末、ポイントを獲得していく必要がある」


「(オーストラリアでは)チームや戦略とともに、彼はマシンから最大の力を引き出した。これからアブダビGPまで、そういったことが必要なんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号