F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスがフェルスタッペン獲得に関心か。「タイトル争いができるマシンを作れば引き抜かれることはない」とレッドブル首脳

2019年4月8日

 マックス・フェルスタッペンが現契約から自由になる場合に備えて、メルセデスは彼に連絡を取り続けていると、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコが主張した。しかしマルコは、フェルスタッペンが近い将来に移籍することはないと自信を持っている。


 フェルスタッペンは2020年末までの契約を結んでいるが、その契約には、一定のパフォーマンス上の条件によって、契約期間途中でチームを離脱することを認める条項が含まれているとAuto Bildは伝えた。


 メルセデスはルイス・ハミルトンと2020年末までの契約を結んでいる。バルテリ・ボッタスとは2019年の契約プラス2020年のオプションという内容で合意した。


 2019年のRB15・ホンダの力不足によって十分な結果を出せない場合、フェルスタッペンはチームを離脱する可能性があると考え、メルセデスは彼に頻繁にコンタクトを取っていると、マルコは言う。


「この数カ月、(メルセデスのチーム代表)トト・ウォルフが何度もマックスと父親のヨスに電話をしている」とマルコはコメントした。


「だが私は心配していない。マックスとの契約にあるパフォーマンス条項が行使されることはないだろう。彼は我々チームに溶け込んでいる」


「タイトルを獲得する力があるマシンを提供することができれば、彼は残るだろう」


 しかし第2戦バーレーンGPで、レッドブルはフェラーリやメルセデスと戦えるだけのパフォーマンスを示せなかった。


「バーレーンで(シャシーが持つ)空力上の弱点を特定した」とマルコは合同テストの後で認めた。


「原因は分かっており、すでに修正作業を進めている。(テストの)火曜にフェルスタッペンが出したタイムは非常によかった」


「コンセプト上の問題ではなく、細部の事柄だ。こういうことが起きたのは初めてではない。バーレーンで風が強かったことで問題が大きくなった」



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号