F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1中国GP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダはフェルスタッペンとガスリーが異なるチョイスに

2019年4月3日

 ピレリは次戦F1中国GPでのタイヤ選択を発表した。レッドブル・ホンダはとマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーとで、選択が分かれるかたちとなっている。


 フェルスタッペンはソフトのC4コンパウンドを8セット、ミディアムのC3を3セット、ハードのC2を2セットとした。これに対しガスリーはC4コンパウンドを7セットと1セット少なく選択。ハードのC2は2セットと同数ながらも、ミディアムは4セットと1セット多いチョイスだ。


 マクラーレンのランド・ノリス、カルロス・サインツJr.はソフトタイヤを自由に使えるよう、多めに選んだ。ふたりは9セットのC4コンパウンドをそれぞれに用意しているが、大半のドライバーは7セットか8セットとしている。


 メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスはC4を8セットとした。しかし現チャンピオンのハミルトンはハードタイヤ1セット、ミディアムタイヤ4セットとなっており、ハード1セットとミディアム3セットとしたボッタスとは異なる選択をしている。


 メルセデスと比較すると、フェラーリはセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールがどちらもC4を7セットという割り当てになっている。

2019年F1中国GPのタイヤ選択


 バーレーンGPで惜しくも勝利を逃したシャルル・ルクレールはミディアムを5セット選んでおり、同コンパウンドを4セットとしたセバスチャン・ベッテルとは異なるチョイスとなった。


 ピレリは中国GPに向けて柔らかめのコンパウンドを選んでいる。これは天候を鑑みてのものであると、カーレーシング部門責任者のマリオ・イゾラは語った。


「中国では予想が難しい。なぜなら天候が良いときもあれば、とても寒くなることもあるからだ」


「非常に長い右回りのコーナーがあるので、寒ければ左フロントタイヤが確実にグレーニングを起こす。コンディションが良ければグレーニングは減るので、ライフとデグラデーションの状態が大きく変わることになる」


「我々はC2、C3、C4を用意した。暖かい場合と寒くなる場合、どちらの可能性も考慮に入れているので、平均的なチョイスだ。妥協ではあるが、中国に向けては正しい選択だと考えている」とイゾラは説明した。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP