F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、PUトラブルでリタイア「戦略で苦労し続け、結局完走できず」:ルノー F1バーレーンGP日曜

2019年4月1日

 2019年F1バーレーンGP決勝で、ルノーのダニエル・リカルドはトラブルのため57周のレースを53周でリタイアした(18位完走扱い)。他とは異なる1回ストップ戦略で走ったリカルドは、レース終盤、ポイント圏内にいたものの、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグとほぼ同時にコース上でマシンをとめた。リタイア原因はパワーユニット(PU/エンジン)のMGU-Kのトラブルだということだ。


■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=リタイア(18位完走扱い)
 今日のレースではいろいろなことが起きた。最初のうちは、競争力のあるペースで走れそうな感じだったので、1ストップの戦略を採ることにした。ただ、最初のスティントを長くした結果、タイヤにかなり苦労したことは確かだね。あとから考えると、2ストップの方が良かったようだ。レース終盤には、もうポジションを守ることもできず、みんなに抜かれる一方だった。僕としてはもっと戦いたかったんだけど、悲しいことに、それは不可能だったんだ。最後はMGU-Kのトラブルだ。

2019年F1第2戦バーレーンGP ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はバトルの際に接触も
2019年F1第2戦バーレーンGP ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はバトルの際に接触も

 今回は浮き沈みの激しい週末で、いろいろなことがあった。これから少し時間をかけて、あらゆることを消化して理解し、さらに力をつけて次のレースに臨むよ。




(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編