F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビサ、F1新規則の最速ラップへのポイント付与が「奇妙な状況を生み出す」と危惧

2019年3月15日

 ロバート・クビサは、決勝レースでファステストラップを記録したドライバーにチャンピオンシップポイントを付与するというF1の新たな規則が、“奇妙な状況”を生み出す恐れがあると考えている。


 今週F1は新たな競技規則を発表し、この規則は研究とファン調査の結果であると主張した。


 ただしこの規則はトップ10位内を走行するドライバーのみに適用される。予想されるウイリアムズのパフォーマンスレベルを考慮すると、明らかにクビサには見込みがないと思われる。


「残念だが、その規則は少なくとも今の僕たちにはそれほど影響がないと思う」とクビサは木曜日に語った。


「ボーナスポイントは、レース終盤に一部のマシンがピットインするという奇妙な状況を引き起こす可能性があると思う」


「突如としてマシンがピットインするのを見ることになる。状況によるだろうが、ドミノみたいなものになると思うんだ。でもさっき言ったように、僕たちはそのことをあまり気にしていないけどね」


 同じテーマについて質問を受けたダニエル・リカルドは、猛ダッシュによるボーナスポイント策を支持するとしたが、それがタイトル争いに影響があるのかについては懐疑的だという。


「少なくともトップ10に限定したのは良いことだ。ファステストラップを出すために、新しいタイヤセットに交換しようとピットインしたら、何かを失う可能性があるということになる」


「それについては、あまり深く考えたことがない」と彼は付け加えた。


「どのような展開になるか様子を見ることになるだろう。僕はそれがチャンピオンシップを左右するとは思えないけどね。可能性はあるけれど、僕はそうなるとは思わない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報