F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

白基調のホンダF1が復活か、2019年レッドブルの新車『RB15』のカラーリング予想

2019年2月8日

 2月13日に発表される2019年シーズンのレッドブル・ホンダF1の新車『RB15』のカラーリングは、今までとまったく違ったものになるかもしれない。


 グラフィックデザイナーのSeviGraphicsが自身のSNSに載せたイラストでは、マシンのメインカラーが濃紺から白に変わり、そこに深紅の雄牛が美しいコントラストを見せている。


 これがデザイナーの単なる想像の産物と、片づけるのは簡単だ。しかしマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーの両ドライバーのヘルメットの新カラーリング、レーシングスーツのデザインも、この基調で行くと見られている。さらにいえば最近レッドブルから送られてきたプレスリリースからも、濃紺が消えている(奇妙なことに赤と白ではなく、赤と銀色のラインが入っているが)。


 いうまでもなく赤と白は日本の国旗の色使いであり、1960年代のホンダF1のカラーリングであった。レッドブルが新たなパートナーに示した敬意と考えるのは、ごく自然ではないだろうか。


 F1の世界では、「火のないところに煙は決して立たない」と言われている。この噂が正しいかどうかは、新車RB15の発表日である2月13日に明らかになるだろう。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ Kunio Shibata)




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号