F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ、2021年の大幅なF1規則変更を楽観視しつつ、急ぎ開発作業を進める

2019年1月13日

 F1の将来には不確定要素があるものの、ピレリが2023年までF1に献身するという事実は、リバティ・メディアのグランプリレースを前進させる能力に同社が信頼を置いていることを反映していると、カーレーシング部門責任者のマリオ・イゾラは述べている。


 F1の商業権を保有するリバティ・メディアと各チームは、2021年からF1を新たな時代へと進めることになるレギュレーションと財政基盤について、まだ合意に至っていない。


? しかしながらピレリは、2020年から2023年までの新たな独占契約を結ぶうえで、リバティ・メディアとチームとの正式な合意を待つことはしなかった。


「F1の将来については多くの議論がなされている。2021年の新しいマシンやサイズの変更などについて、私は楽観的な考えを持っている」とイゾラはRACERに語った。


「そうしたことについては多くの話し合いが持たれている。チームとFOM間の協定の更新というような大きな変更を控えた、繊細な状況のF1では普通のことだ。だが我々としては、長期の契約ができたことに満足している」


 しかし2021年に向けてはホイールリムが13インチから18インチに変更され、タイヤウォーマーの使用が禁止されるといった仕様変更があるため、ピレリが可能な限り早い時期に、予想されるマシンパフォーマンスを元に、変更への準備を始める必要があることをイゾラは強調した。


「我々はすでに新タイヤの設計を始めている。なぜなら待つことはできないからだ。期限はすでに過ぎている」とイゾラはオートスポーツ・インターナショナル・ショーで語った。


「我々にできるのは、新ルールが導入された際にタイヤとデザインを適応させることだ。だが予想されるマシンのパフォーマンスの少なくとも80から90パーセントを、できるだけ早く把握する必要がある。そうした情報がないと、状況は実に厳しいものになる」


「18インチのタイヤが使用されるまでに2年の時間がある。その時間を有効に使うことが重要だ。時間を無駄にすることはできないが、適切に進めれば良いものが作れると信じている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報