F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

最もチームワークが問われるF1のピットストップ。DHLが最速チームと個別の最優秀クルーを発表

2018年12月26日

 決勝日の優れたピットストップについては、2チームが抜きん出ていたが、DHLファステスト・ピットストップ・アワードを受賞したのは1チームだけだ。


 完璧なピットストップを行うには、クルーの息の合った動きと正確さが物を言う。すべては切迫した勢いのなかで行われ、チームワークを最も視覚的に体現しているといえる。


 もしひとつの異常や動作の遅れがあった場合、チーム戦略に混乱を引き起こし、最終的にはドライバーとチームの決勝レースを台無しにする可能性があるのだ。


 世界選手権のすべてのラウンドで、DHLファステスト・ピットストップ・アワードは、クルーの重要な貢献に対し賞を授与している。彼らなしでは何事も達成されることはない。


 F1の集計方法に準じたポイント方式を元に、DHLは各グランプリで最速ストップを行った上位10チームにポイントを発行した。


 2018年はレッドブル・レーシングのクルーが、シーズンを通じての傑出した作業を表彰された。レッドブルは2018年シーズンを466ポイントを獲得して締めくくり、フェラーリには63ポイント、メルセデスには112ポイントの差をつけた。

2018年DHLファステスト・ピットストップ・アワード
2018年DHLファステスト・ピットストップ・アワード


 しかし個別の最優秀パフォーマンスを達成したのはフェラーリだった。セバスチャン・ベッテルのSF71-Hを担当するクルーたちは、第20戦ブラジルGPでピットストップ1.97秒を記録したのだ。


 しかしそれでも2017年のアゼルバイジャンGPでウイリアムズが達成した完璧な記録、1.92秒には0.05秒及ばなかった。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報