F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1の一員となったバンドーン、シミュレーター作業などチャンピオンチームとの仕事に期待

2018年12月26日

 ストフェル・バンドーンによると、F1でもはやレースができないのなら、次善の策はメルセデスのシミュレーターを担当することであるという。


 F1で2年のフルシーズンを過ごしたバンドーンだが、マクラーレンでの契約は更新されず、26歳の彼は2019年は戦線を離脱することになった。


 バンドーンは2017年にF1デビューを果たした際、F1における輝かしい才能のひとりと評されていた。彼はメルセデスに起用され、今後はメルセデスが支援するHWAフォーミュラEチームからのレース参戦と、ブラックリーにあるメルセデスのファクトリーにおけるシミュレーター作業という複数のタスクをこなすことになる。


「僕は彼らの一員となる」とバンドーンはFormula1.comに語り、チャンピオンチームへの自身の関与についてコメントした。


「これからもF1界に関与し、チャンピオンチームとともに過ごせるというのは、僕にとってエキサイティングなことであり、とても興味深い展開だ」


「僕は彼らに新たなアイデアを提供できるし、僕としてもどのような違いがあるのか見ることができる。僕はF1では、マクラーレンとしか仕事をしたことがないからね」


「僕にとっても新たな環境を少しでも経験できるというのは、刺激的なことだ」


 将来のいずれかの時点でF1への復帰を強く望むバンドーンにとって、これはF1の状況を把握し続けることができる機会であり、次の年にグリッドに復帰した2016年のマグヌッセンや、ダニール・クビアトの例に倣うことになるだろう。


「F1界に関わり続けることは間違いなく良いことだ。なぜなら将来何が起こるかなんて、絶対に分からないからね」とバンドーンは語った。


「メルセデスの一員となり、彼らのために仕事を行なうことは役に立つ。僕に何ができるのかを、彼らが正確に知ることになるからね。それに将来ドライバー市場がどうなるかだって分からない」


「今シーズンのドライバー市場は少々クレイジーだったけれど、来シーズンがどうなるかは誰にも分からない。予測すら難しい。だからF1に関与して、来たるべきすべての状況に備えておくのは良いことだよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報