F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1トップの座を狙うルノー「2019年の最大の目標は53馬力のパワー差を大幅に縮めること」

2018年12月10日

 ルノーF1のマネージングディレクター、シリル・アビテブールは、トップのポジションを目指していくなかで、2019年にはメルセデスやフェラーリとのパワーの差を大幅に縮めることを目標にすると語った。


 2019年、ルノーはF1でワークスチームとしての活動を再開してから4年目を迎える。2018年にルノーはビッグ3といわれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルに続く、コンストラクターズ選手権4位を獲得した。しかし、パワーユニット(PU/エンジン)についても、シャシーについても、トップチームより劣っており、今のギャップを縮めていく必要があると、アビテブールは考えている。


「決勝ではエンジンパワーに関する(上位との)ギャップは15〜20キロワット(20〜27馬力)だ。これは、状況によってはレッドブルのシャシーなら補うことができるものだった」とアビテブールが述べたとAuto Motor und Sportが伝えた。


「だが予選時のギャップは、我々の推定では40キロワット(53馬力)に上る。これは大きな違いだ」


「メルセデスかフェラーリのカスタマーエンジンを搭載していれば、我々はアブダビで予選7番手を獲得していただろう」とアビテブールは言う。


「我々のシャシーは(中団の)ライバルたちより優れているが、一方でトップ3チームには及ばないと考えている」


 ビリー・シャティヨンのエンジニアたちは、2019年シーズンに向け、パワーユニットの開発に全力で取り組み、信頼性とパワーを向上させることを目指していく。


「まずはエンジン開発を重点的に行っていく」とアビテブール。
「来年は、『予選で(メルセデスやフェラーリと)パワーが違いすぎる』などという発言をもうしたくない。冬の間、エンジンに関してメルセデスやフェラーリとのギャップを縮められない理由は見当たらない。シャシーに関しては、もう少し時間がかかるだろうが」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報