F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、フェルスタッペンの怒りを理解し擁護。「オコンが何を考えていたのか分からない」

2018年11月13日

 ブラジルGPのレース後、マックス・フェルスタッペンはエステバン・オコンと激しいやり取りをしようとしたが、オコンはこれを免れたとレッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは考えている。


 フェルスタッペンは、ブラジルGPの44周目ではオコンが周回遅れを取り戻すのに失敗し、彼と接触してスピンさせたために首位の座を失ったのだと非難している。


 接触によりレッドブルのマシンはフロアが損傷し、結果としてフェルスタッペンはインテルラゴスでの勝利を逃したと言える。最終的にフェルスタッペンは勝者ルイス・ハミルトンに次ぐ2位となった。


 ホーナーは大方の予想通りフェルスタッペンのレース後の態度を擁護し、Sky Sports F1に以下のように語った。


「マックスはよく我慢していると思う。彼はグランプリでの優勝を逃すことになったのだ。彼は損傷を負ったマシンで全力を尽くしていた。正直に言えば、エステバンは押された程度で済んでラッキーだったのだ」


「彼の感情が高ぶっていたので、クールダウンラップの間に自身を落ち着かせるように伝えた。今日の彼は、まったく自身の過失ではないことで勝利を逃した」とホーナーは付け加えた。


 ホーナーは、バックマーカーであったオコンがなぜレースリーダーとのホイール・トゥ・ホイールの争いにこだわったのか、理解に苦しんでいることを認めた。


「首位のマシンはフォース・インディアのマシンを周回遅れにしたところだったのだ。周回遅れのマシンが、レースリーダーを妨げるべきではないのは明らかだ」


「オコンがあそこで何を考えていたのか理解に苦しむ。一体なぜレースリーダーと争おうとしたのだろうか?」


「彼は周回遅れでペースも出ていなかった。そしてイン側でマシンを台無しにしてくれた。まったくのナンセンスだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報