F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マグヌッセン「レースは1周目の接触で終わってしまった」:ハース F1イタリアGP日曜

2018年9月4日

 2018年F1イタリアGP決勝で、ハースのロマン・グロージャンは6位に入賞したものの車体の技術規則違反でチェッカーフラッグ後に失格、ケビン・マグヌッセンは16位だった。


■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=6位→失格
※失格前のコメント


 またポイント圏内に入れたことは素晴らしいし、一連のレースを楽しんでいるよ。いいレースだったが、厳しかった。


 今日のフォース・インディアは、間違いなく僕らよりも速かったんだ。彼らを後方に抑えるためには、懸命に攻めた走りをしなければならなかった。それができたことにとても満足しているし、チームの進歩についても非常にうれしく思っている。


 僕らはコンストラクターズ選手権で4位に浮上したのだから、かなり驚いたよ。モンツァでは良いレースが走れたことがなかったけれど、今日は違った。満足しているし、シンガポールにも期待している。


ケビン・マグヌッセン 決勝=16位
 今日は僕らにとって、かなり大変なレースだった。1周目の後にリヤタイヤにダメージを負ってしまったんだ。ミディアムタイヤに履き替えるためにピットに戻らなければならず、そこからはどうすることもできなかったよ。


 僕らのレースは1周目で終わってしまった。その後は1セットのミディアムタイヤでレースを走りきって、最後尾。結局、レースに戻ることはできなかったんだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報