F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:分配金の差は約7億円。トロロッソのランキング6位キープの鍵を握るのはホンダ!?

2017年11月24日

 前戦ブラジルGPでルノーのニコ・ヒュルケンベルグが10位に入賞したため、コンストラクターズ選手権で6位を走るトロロッソと7位のルノーとの差は4点となった。さらに8位には6点差でハースもつけている。トロロッソがコンストラクターズ選手権6位となるのは、セバスチャン・ベッテルがチームに初優勝をもたらした2008年以来となる。 


 チームとしては、最終戦でポイントを獲得し、自力で6位の座を守りたいところだが、トロロッソのチーム関係者は「われわれのパワーユニットサプライヤーが、トラブルを解決した新しいPUを供給することはない。したがって、われわれはそれを壊れないように大事に使用するしかない」と、自力での逃げ切りは半ば諦めている。


 ただし、完全に諦めているわけではない。それは終盤になってマクラーレン・ホンダの戦闘力が高くなってきているからだ。コンストラクターズ選手権6位以下のチームで、メキシコGPとブラジルGPを2戦とも入賞しているのはマクラーレン・ホンダだけ。ブラジルGPではコンストラクターズ選手権4位のフォース・インディアのペレスの追撃をかわしての8位だった。


 仮にトップ3チームの6台が順当に6位までを埋めた場合、入賞するために残されたポジションは7位から10位までの4つ。さらにルノーとハースがトロロッソを逆転するためには、1台は8位(4点)以上に入らなければならないため、実際には7位と8位のポジションをフォース・インディア、ウイリアムズ、マクラーレンと争わなければならない。つまり、ルノーとハースにとっては、実力的にはかなり厳しい戦いが強いられる。


「コンストラクターズ6位と8位では、分配金が650万ドル(約7億2430万円)も違うから、最終戦の結果は重要だ。ただし、われわれが自力でポイントを獲得するのは正直厳しいから、いまはホンダに頑張ってもらいたい」(トロロッソ関係者)


 2018年にトロロッソと組むホンダ。最終戰で来季のパートナーをアシストできるか?



(Masahiro Owari)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報