F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ辛口コラム アゼルバイジャン編:PUバッシングを繰り返すアロンソを欲しがるチームなどない

2017年7月3日

 マクラーレン・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のマクラーレン・ホンダのコース内外の活躍を批評します。今回はF1第8戦アゼルバイジャンGPを、ふたつの視点でジャッジ。
------------------

 アゼルバイジャンでマクラーレン・ホンダは2ポイントを獲得、ようやくシーズン初入賞を果たした。金曜に使用したホンダのスペック3パワーユニットはうまく機能したようで、FP2でフェルナンド・アロンソは12番手タイムを記録した。バクーのパワーサーキットで、週末を通してパワーユニットは高い信頼性を発揮、決勝では2台揃ってチェッカーを受け、アロンソは9位でフィニッシュした。

 マクラーレンは、ダウンフォースレベルとストレートスピードの重要度を計るうえで、比較的妥当な妥協点を見いだしたようだ。エンジンパートナーであるホンダに反発するより、協力し合うべきであると受け入れたのだろう。その結果、アロンソは決勝で長時間にわたってカルロス・サインツJr.のトロロッソと戦うことができた。約2kmのストレートを備えたコースでは不可能と思われたことだ。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報