F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元F1最高権威者エクレストン「パンデミックを乗り切るため、より踏み込んだ対策が必要」規則の3年凍結を提言

2020年3月30日

 F1の元商業権所有者バーニー・エクレストンが、新型肺炎のパンドミックの状況を考えれば、F1は2020年シーズン全体を中止し、新規則導入を大幅に遅らせるなどの、より思い切った対策をとるべきであると発言した。


 現時点で序盤8戦が中止あるいは延期されることが決定している。F1のCEOチェイス・キャリーは、3月23日の声明で、シーズンを夏にスタートし、15戦から18戦を開催したいという意向を示した。


 エクレストンは2020年F1シーズンの見通しについて『Reuters』に聞かれ、「私ならどうするか? 今年レースを開催するという話をやめる。そう言わざるを得ない」とコメントした。


「全員の安全のためにできる行動はそれしかない。そうすれば、実現できないかもしれない愚かな取り決めに動くことがなくなる。残念だがそれが現状だ」


「(15戦から18戦を)開催できたら、心底驚くだろう。私も実現できることを願っているが」
「来年初めに2020年シーズンの一部として3戦か4戦を開催することはできるだろう」

2020年F1プレシーズンテストが開催されたスペイン・バルセロナ
2020年F1プレシーズンテストが開催されたスペイン・バルセロナ

 エクレストンは、現状、グランプリ主催者と共にスケジュール調整をうまく行うのは非常に難しく、チームの経済的問題も懸念されると述べている。


「観客を入れて開催するのか、入れずに開催するのかも分からないまま、プロモーターにイベントを実施するリスクを冒してもらうことになる。それに、例えば気温10度ではレースはできない(から冬の開催は難しい)」とエクレストンは『Daily Mail』に対して語った。


「プロモーターの問題を解決したとしても、参戦者の問題がある。チームが生き延びてレースができる状態なのか、という問題が出てくる。ウイリアムズのような小規模チームは、レースからの収入が入らなくなると困難に陥るだろう」


 F1はチームの現時点でのコストを下げるために、大規模なF1レギュレーション変更を1年延期し、2022年に行うことを決めた。しかしエクレストンは、それでは足りないと考えている。


「私なら3年間規則を変更しないだろう」とエクレストンはDaily Mailに対してコメントした。
「リバティはいろいろな物事を完全に形成し直す必要がある」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報