F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:F1の大幅減収で小規模チームに危機

2020.03.24

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 4戦から7戦を失うことで、F1は深刻な財政的影響を被ることになる。主催者から開催料を徴収することができないことに加えて、相当な額のテレビ放送契約料を失うことになるだろう。こうした契約は実際に開催されたレース数と連動している傾向にあるからだ。

 どれだけの、またどのレースが中止されるかにもよるが、2020年の収入は良くても9000万ユーロ(約107億円)から、最悪のケースでは4億ユーロ(約477億円)の下落となるかもしれない。それに加えて、テレビ放送契約からの収入が3分の1から4分の1程度減収となることで、さらに1億5000万ユーロ(約180億円)から2億ユーロ(240億円)の下落が見込まれる。

 つまり短縮化された今シーズンを最下位で終えたチームでさえ、昨年と比べると1200万ユーロ(約14億3000万円)から3000万ユーロ(約36億円)の収益を失うことになる。このような筋書きはおそらくウイリアムズやハース、また様々な理由で現在財政面が不安定なチームに終止符を打つことになるだろう。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号