F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ウッドチャックのたたり?不運の連続にグロージャンは「もう笑うしかない」

2018年6月10日

 金曜日のフリー走行2回目に、ピットインしてきたロマン・グロージャンを取り囲むハースのメカニックたちがマシンを見て、呆然と立ち尽くしていた。理由はグロージャンのマシンに小動物の死体の一部が付着していたからだ。


「バックストレートを走行していたら、突然ビーバーがコースを横切ってきた」とグロージャンは説明したが、グロージャンのマシンに衝突したのはビーバーではなく、ウッドチャックだった。 


 ウッドチャックは、リス科マーモット属に分類されるマーモットの1種で北アメリカに広く分布する哺乳類だ。


「小動物なんてもんじゃないよ。当たったときの衝撃は相当なものだった。何が起きたのか理解できなくて、すぐにピットインできずにもう1周走ってしまったよ」



2018年F1第7戦カナダGP FP2でウッドチャックに衝突したロマン・グロージャン

 その言葉が決して大げさではないことは、グロージャンのマシンはノーズに穴が空いていたことでもわかる。さらにこのアクシデントでグロージャンのマシンはフロントウイングとバージボードも破損。ハースはカナダGPに3つの新しい空力パーツを投入していたが、フロントウイングとバージボードがその中に含まれていた。


 幸いハースは、チームとしてスペアの新パーツを1つ持っていたため、土曜日も引き続きグロージャンは新空力パッケージで走行することができ、フリー走行3回目は9番手のタイムを記録していた。


 ところが、予選でグロージャンに悲劇が再び襲う。予選が開始されて間もなく、ピットアウトしたグロージャンのマシンはピットレーンで白煙をあげてストップ。一度もアタックすることなく、予選を終えた。


「ピットアウトしたときから、何かがおかしかった。今シーズンはここまで不運の連続。もう笑うしかない」と語ったグロージャン。


 しかし、パドックでは「昨日のウッドチャックの呪いではないか?」という声も……。



(Masahiro Owari)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報