ロバート・クビサとアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

クビサが2020年型アルファロメオF1のシート合わせ「早くこのマシンで走りたい」

1月12日

 アルファロメオ・レーシングの2020年リザーブドライバーに就任したロバート・クビサが、ファクトリーを訪れ、そこからファンに対してメッセージを発信した。

 2019年、ウイリアムズと契約してF1に復帰したクビサだが、1年で同チームを離れることとなった。クビサはレギュラーシートを失ったものの、2020年に向けてアルファロメオとリザーブドライバー契約を結んだ。クビサがアンバサダーを務める、ポーランドの石油会社PKNオーレンが、2020年から複数年にわたりチームの共同タイトルスポンサーになることも決まっている。

 クビサの技術フィードバックにおける能力は高く評価されており、ハースやレーシングポイントも彼と開発ドライバーとして契約することを望み、交渉を行っていたといわれている。

 クビサはBMWザウバーで2006年にF1デビューを果たし、2008年カナダでは優勝しており、ザウバーの後身アルファロメオは彼にとって古巣といっていい。

 ヒンウィルのファクトリーを訪れたクビサは、11日、ファンに対し動画でメッセージを送った。

「今ヒンウィルにいる。ある意味、2006年にF1キャリアをスタートした場所に戻って来たようなものだ」とクビサ。

「ここに戻れてとてもうれしい。昔一緒に働いた人たちが大勢いた」
「今回、新車のシート合わせをした。このマシンで走り、チームと協力し合って作業をするのが楽しみだよ」


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)